ドルコスト平均法

どるこすとへいきんほう (英:Dollar cost averaging)

1回の購入金額を決めておき、1ヵ月ごと、半年ごとなど定期的に、決めた金額で買える分だけ購入していく投資法。価格が高いときには量を少なく、価格が安いときには量を多く買っていことになるため、アベレージコストが平均的な水準に近づくけられる効果がある。


マネックスFX (用語集) 2019/06/19 転載