購買力平価説

こうばいりょくへいかせつ(英:Purchasing power parity)

為替相場決定理論のひとつで、為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるとの見方に立つ。


マネックスFX (用語集) 2019/06/14 転載