ローソク足

ろーそくあし(英:Candlestick)

テクニカルチャートの中でも最もポピュラーなもので、一定期間の為替相場や株式相場などの値動きを表すチャート。その形状がローソクに似ていることから、この呼び名がついた。ローソク足は、四本値(よんほんね)と呼ばれる4つの値段をもとに作成される。

1.始値(はじめね):売買開始時の値段。寄付(よりつき)ともいう。
2.高値(たかね):期間内の最高値
3.安値(やすね)期間内の最安値
4.終値(おわりね)売買終了時の値段。引値(ひけね)ともいう。


DMM FX (用語集) 2019/04/25 転載