ベージュブック/米地区連銀経済報告

べーじゅぶっく/べいちくれんぎんけいざいほうこく(英:Beige book/US federal reserve economic report)

米国のニューヨーク、アトランタ、ボストン、シカゴ、フィラデルフィアなどの12地区連銀が管轄地域の経済状況や景気動向についてまとめて、FOMC(米連邦公開市場委員会)に提出する報告書。正式名は「地区連銀景況報告」と言うが、表紙の色がベージュのため、このように呼ばれている。通常、ベージュブックはFOMCが開催される2週間前の水曜日に公表され、FOMCの議論の参考とされるため、次回のFOMCの動向を探る手がかりとして投資家たちからの注目度が高い。


DMM FX (用語集) 2019/04/25 転載