BIS

びーあいえす (英:Bank of international settlement)

BISとは、Bank of International Settlementの略で、日本語名は「国際決済銀行」である。1930年5月、各国の中央銀行からの出資により設立された国際的な金融機関で「中央銀行の中央銀行」と呼ばれることもある。本部はスイスのバーゼルにある。主に加盟国の中央銀行間の政策協力の場になっていて、金・為替売買や預金の受入れ、欧州通貨協力基金の代行等の国際的金融決済や調整、国際金融の統計資料公表などを業務としている。また、国際決済銀行が国際的に活動する銀行を対象に、銀行活動の安定性を確保する視点から設定した金融機関の自己資本にかかる規制(1992年末から導入)は、「BIS規制(びすきせい)」と呼ばれている。


DMM FX (用語集) 2019/04/25 転載