追加証拠金

ついかしょうこきん (英:Margin)

すでに保有しているポジションが一定の損失を抱えた場合に、そのポジションを維持するために、追加で差し入れる証拠金。追加保証金と同じ意味でつかわれる。相場が投資家の不利な方向に動いて損失が膨らんでしまい、追加証拠金が要求されることを、「マージンコール」という。仮に、取引を続けるのに最低必要な証拠金額を割り込んでしまった場合、規定に沿って、マージンカット(強制決済)となる。


DMM FX (用語集) 2019/04/25 転載