対顧客市場

たいこきゃくしじょう (ローマ字:Taikokyakushijou)

銀行が個人や企業などと通貨取引を行う市場。外貨預金や通貨の両替などに適用される。インターバンク市場は刻々と変化するが、対顧客市場は、通例、毎日、1回、固定された為替レートが表示される。


DMM FX (用語集) 2019/04/25 転載