緑の雇用

みどりのこよう(英:Green employment)

緑の雇用とは、森林作業に従事する人を訓練・育成することで、林業における雇用創出と、森林の保全を図る事業。

<緑の雇用事業化の背景>
林業の担い手が減少傾向にあり、森林の荒廃が懸念されている。緑の雇用により林業に就業するために必要な知識や技術を習得した人材が育成され、持続的な林業の発展及び森林の保全につながるものと期待される。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載