容器包装リサイクル法

ようきほうそうりさいくるほう(英:Containers and packaging recycling law)

容器包装リサイクル法とは、容器包装ごみのリサイクルを製造者に義務付けた法律。1995年制定。経済産業省・環境省所管。容器リサイクル法とも呼ばれる。
消費者は容器包装ごみの分別排出、市町村は分別収集の責任を負い、製造者をあわせた3者の役割分担により容器包装のリサイクルを促進することが目的。1997年度にガラス容器とペットボトルを対象に施行された。
2000年度には全面施行され、飲料用以外の紙製容器包装とプラスチック製で飲料、醤油充てんのペット容器以外が対象に加わった。
法の対象となる容器包装を使っている食品などのメーカーや容器包装を作っているメーカーには、市町村が回収した容器包装の使用量に応じたリサイクルが義務付けられる。一般廃棄物のうち容器包装ごみは、容積で6割、重量で2割を占める。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載