夜間電力

やかんでんりょく(英:Nighttime power)

夜間電力とは、夜間に発電される電力。
昼間電力に比べ安価で、化石燃料の使用割合が低いため二酸化炭素排出量が少ない。

<夜間電力の特徴>
夜間電力は、環境負荷低減とコスト縮減の2つを同時に達成出来るとして、夜間に電力を貯蔵して昼間に利用する事業所が増えている。貯蔵技術には「氷蓄熱システム」(エコアイス)などがある。夜間電力の利用は、昼間の電力消費量のピークをカット出来るのも利点。これにより、電力需要の不可を平準化でき、電力設備を効率よく活用出来る。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載