分散型発電

ぶんさんがたはつでん(英:Distributed generation)

分散型発電とは、電気の利用場所で少しずつ電気を作って利用すること。

<分散型発電の特徴>
分散型発電では電気を作る時に発生する熱も一緒に利用するコージェネレーションが容易になり、送電や変電のロスが減らせるなどの利点がある。また、小規模で実施されることが多い分散型発電では、太陽光発電や燃料電池、風力発電など再生可能なエネルギーを利用しやすく、地球温暖化防止の観点からも注目されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載