飛灰

ひはい(英:Fly ash)

飛灰とは、ごみなどを焼却した際に発生する灰のうち、排ガス出口の集塵装置によって集められたばいじんと、ボイラ等に付着して払い落とされたばいじんの総称。
焼却施設の炉底などから排出される主灰(焼却灰=BottomAsh)とは異なる。

<飛灰の人体に対する影響>
発生量はごみ全量の3%ほどだが、主灰に比べてダイオキシン類を多く伴い、焼却施設から発生するダイオキシン類の約9割が飛灰由来であるとする報告もある。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載