伝統マーク

でんとうまーく(英:Tradition mark)

伝統マークとは、消費者が伝統的工芸品を安心して購入できるよう、経済産業大臣が指定した技術・技法、原材料で製作され、産地検査に合格した製品につけられるマーク。(個別商品に貼付する場合は「伝統証紙」という)
伝統マークは、伝統の「伝」の字と日本の心を表す赤丸を組み合わせた形をしている。

【伝統マークの対象品目】
漆器、陶磁器、金工品、木竹品、仏壇・仏具、和紙、文具、うちわ・扇子
人形諸工芸品、織物、染織品、その他繊維製品


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載