損益計算書

そんえきけいさんしょ(英:Profit and loss statement)

損益計算書(そんえきけいさんしょ)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益と費用の状態を表すために、複式簿記と呼ばれる手法により貸借対照表などと同時に作成され、その企業の株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供する。

名称
日本語では「損益計算書」で一貫しており、P/L と略称されることがある。
英語では一般的に “Income Statement” や “Statement of Income”、”Profit and Loss Statement” と呼ばれるが、書類の名称としてはそのほかにもいくつかある。
以下に示す単語の前、又は後に “Statement” や “Statement of” が付く。カッコの数字は米国での2005年の会社数の例2006年のAICPA発行の「Accounting Trends & Techniques」より。
Income (255社)
Operations (254社)
Earnings (86社)
その他 (5社)デロイト・トウシュ・トーマツ編 『米国財務会計基準の実務 第4版』 中央経済社 2008年3月20日第4版第1刷発行 ISBN 9784502281501
英国や英連邦の企業では “Profit and Loss Statement” とする場合があるが、米国ではあまり無い。ただ、米国でも通称では日本同様に “P/L” と呼ぶことがある。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載