水俣病

みなまたびょう(英:Minamata disease)

水俣病とは、メチル水銀化合物に汚染された魚介類を大量に摂取することによって起きる中毒性の神経系疾患。
水俣病が最初に確認されたのは1956年で、熊本県水俣湾周辺で発生したことから「水俣病」という病名がつけられた。わが国の4大公害病の一つであり、公害問題の原点でもある。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載