水発泡

みずはっぽう(ローマ字:MIzuhappou)

水発泡とは、ウレタンなどの発泡にフロンを使用せず、水と薬剤の反応で発生する炭酸ガスを利用する技術。
薬剤にはイソシアネートなどが用いられる。

<水発泡の特徴>
ウレタン原料を使った硬質ウレタンフォーム断熱材が住宅などで多用されているが、発泡剤であるフロンがオゾン層を破壊する物質として全廃の方向にあり、その代替技術として注目されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載