水源税

すいげんぜい(英:Water source tax)

水源税とは、森林の水源涵養能力を保持するために、森林を管理するための費用の一部を税金として受益者が負担すること。

<水源税の背景>
林業に従事する人口が減って森林が荒れ涵養能力が低下している為。水源税への関心は高く、高知県、北海道、岩手県などが導入を検討しており、海外でも南アフリカなどが検討している。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載