酸性雨

さんせいう(英:Acid rain)

酸性雨とは強い酸性を示す雨が降ること。
石炭や石油などの化石燃料の燃焼などによって、硫黄酸化物や窒素酸化物が大気中へ放出されることにより、これらのガスが雲粒に取り込まれて複雑な化学反応を繰り返して硫酸イオン、硝酸イオンなどに変化し、強い酸性を示す降雨または乾いた粒状の物質として降下する現象。
酸性雨の影響としては、
 ・生物への影響
 ・森林などの木が枯れる影響
 ・歴史的な遺跡、建物、石像への影響
 が問題となっている


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載