三点比較式臭袋法

さんてんひかくしきにおいぶくろほう(ローマ字:Santenhikakusikinioibukurohou)

三点比較式臭袋法とは、臭いを測定する手法。

<三点比較式臭袋法の詳細>
濃度の異なる臭いを詰めた3つの袋を用意し、6人以上の人(嗅覚試験者)がどの濃度で臭いを嗅ぎ取れなくなったかによって、臭いのキツさ(臭気指数)を算定。試験の監督官的な役割を担う人は臭気判定士と呼ばれる。東京都環境科学研究所が開発。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載