光化学オキシダント

こうかがくおきしだんと(英:Photochemical oxidants)

光化学オキシダントとは、自動車や工場から排出された窒素酸化物や炭化水素類などの一次汚染物質が、太陽光線中の紫外線を受けて光化学反応を起こして発生する物質。

<光化学オキシダントと環境汚染>
夏など日射量が強く、高温・無風などの条件が重なったとき、光化学オキシダントやPAN(パーオキシアセチルナイトレート)等の濃度が局所的に高くなったものを、光化学スモッグと呼ぶ。光化学オキシダントは高濃度だと目やのどの粘膜を強く刺激するなどの直接的な健康被害を引き起こす。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載