牛トレーサビリティ

ぎゅうとれーさびりてぃ(英:Cattle traceability)

牛トレーサビリティ制度は、1頭ごとの牛に出生と同時に、個体識別番号を印字した耳標を付与し、管理する制度。

<牛トレーサビリティ制度の内容>
出生から死亡またはと殺までの間の管理者や飼養施設の異動、消費者に提供されるまでの間の個体識別番号の表示による伝達と流通業者による販売などを記録することで、牛の履歴の追跡を可能にし、消費者の安心確保に資する。2003年6月に法律が制定された。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載