環境効用(エコエフィシェンシー)

かんきょうこよう/えこえふぃしぇんしー (英:Eco efficiency) 環境効用(エコエフィシェンシー)とは、製品やサービスに求められる本質的な機能(効用)を向上させるとともに、ライフサイクル全体での環境負荷を低減する考え方のこと。 <環境効用(エコエフィシェンシー)の考え方> 環境負荷を低減する方策としては、材料やエネルギーの低減、有害物質発生量の抑制、リサイクル性や持続利用性、耐久性の向上など。環境効用の考え方によると、環境負荷を半減することと、機能を2倍に向上することは、同じ価値と見なされる。 社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載