環境改善型予防医学

かんきょうかいぜんがたよぼういがく(英:Environment-improving preventive medicine)

環境改善型予防医学とは、次世代を担う子供や胎児をこれらの環境因子から守るために、生活の中で防御しようという考え方である。特に医学的な観点から、これまでなかったゼロ次予防という提案も出てきている。

<環境改善型予防医学の背景>
近年、アレルギー、アトピー、ぜんそくなど、原因が明確に特定できない病気が増えている。特に抵抗力の小さい子供達への影響が懸念されている。その原因の一つとして、食品、水、大気、衣類など、我々の身の回りの環境中にある微量化学物質の存在が指摘されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載