環境家計簿

かんきょうかけいぼ(英:Environment household account book)

環境家計簿とは、1980年に大阪大学の盛岡通教授などによって「新しい家計簿」の名称で家庭での環境負荷を下げる提案がされたことがはじまり。

<環境家計簿の歴史>
滋賀県大津生協では、この提案を受けて琵琶湖の汚染をなくすことを目標に、1981年に「くらしの点検表」を作成、これが最初の実用的な環境家計簿といわれている。その後1996年に、環境庁(現環境省)では地球温暖化防止の目的で環境家計簿を作成し、これを希望者に配布することなどによって環境家計簿の普及を図っていった。同時に「環境家計簿運動推進全国大会」を数回にわたって開催、このような取り組みもあって、自治体や企業、NPOなどがさまざまな環境家計簿を作成するようになった。

<環境家計簿の形式>
環境家計簿の基本的な形式は、家庭で使う電気、ガス、水道、ごみ、ガソリンなどの量にCO2排出係数を掛けてCO2の量に換算する形式のものが多く使われている。排出係数とは、電気やガスなどのエネルギーから、アルミ缶やペットボトルなどの製品にいたるまで、そのものがどれだけCO2を排出するかを計算したもの。たとえば電力の場合なら、1kWhの電力を発電する際に排出されるCO2排出量(kg)のことである。アルミ缶なら、1缶を製造するに当たってのCO2の排出量(kg)が係数になる。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載