ワークキャンプ

わーくきゃんぷ (英:Work camp)

ワークキャンプとは、自然の中で働きながら共同生活をおくるキャンプ。

<ワークキャンプの内容>
井戸掘りや、植林、学校建設などの作業をボランティアで現地の人々と共に行う。働くだけでなく、現地の人々や参加者同士との共同作業や交流を通じて相互理解を深め、考え方や生き方を学ぶことができる。当初は国際協力分野で活動するNGO(非政府組織)による企画が多かったが、現在は多様化しており、環境保護、祭り運営、教育、文化保全など様々な分野に広がっている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載