レッドデータブック

れっどでーたぶっく (英:Red data book)

レッドデータブックとは、「全世界の絶滅のおそれのある動植物のリスト」。
レッドデータブックは、国際自然保護連合(IUCN)によって1966年から発行。

<レッドデータブック作成の取り組み>
レッドデータブックには、野生動植物を保護するための生息状況に関する基礎的な資料が掲載されており、日本国内では、1989年に植物について、1991年に動物について、多くの学者や自然愛好家の協力を得て日本版レッドデータブックが作成されました。この調査により、日本の野生動植物全体の10パーセント以上が絶滅の危機に瀕していることがわかっています。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載