レビュー

れびゅー(英:Review)

英語で評論、論評などを意味する。研究の過程として、当該研究テーマに関する先行研究について文献の探索を行うこともレビューと呼ばれる。また、そうした先行研究を網羅的にまとめ、その当該テーマについての研究の動向を論じた展望論文をさすこともあり、そうした論文を掲載する学術雑誌のタイトルにも使われる。Psychological Review(心理学関係の展望論文誌)。カタカナ語としても使われる。

*ピアレヴュー→査読
*「ブックレヴュー」→書評
*「ムービーレビュー」→映画評論
*「デザインレビュー」ISO 9001(JIS Q 9001)において定義づけられる

「設定された目標を達成するための検討対象の適切性、妥当性、および有効性を判定するために行われる活動」のこと。なお以前運用されていたJIS Z 8115では「設計審査」という表現を用いて、類似概念が定義されていた。

revue

フランス語で上記reviewに相応する単語であるが、普通は音楽やコント踊り等で構成された華やかで洒落ていて時事風刺の効いた舞台エンターテイメントショーのことを言う。→レヴュー (演芸)

*カネボウ化粧品が販売する、化粧品ブランド『REVUE』。詳細はカネボウ化粧品の当該項目参照。
*松原みきの6枚目のアルバム。→REVUE
*マツダがオートザムブランドで発売していた自動車。→マツダ・オートザムレビュー


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載