リデュース

りでゅーす(英:Reduce)

リデュースとは、リユース、リサイクルをする前にごみの量そのものを減らす活動を指す。ごみの発生抑制とも言う。企業としては、原材料の再利用を繰り返すことにより材料の使用量を減らす、生産工程での歩留まりを上げ、出るごみを減らしたり、使い捨ての商品を作らないなどの活動が挙げられる。また、個人(消費者)としては製品を長く使用したり、必要のないものを買わないなどの活動が挙げられる。リサイクル・リユースとあわせて3Rの1つである。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載