ミレニアム開発目標

みれにあむかいはつもくひょう(英:Millennium development goals) 

ミレニアム開発目標とは、2000年に国連総会で採択された目標。
1990年代初期、貧困の削減、保健・教育の改善および環境保護に関する目標「国際開発目標」が国連等の組織により策定された。10年後の2000年9月、国連総会においてそれぞれの目標が拡充され、 149ヶ国の国家元首の支持を受け、「ミレニアム開発目標」として採択された。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載