マテリアルリサイクル

まてりあるりさいくる(英:Material recycling)

マテリアルリサイクルとは、廃棄物を製品の原材料として再利用すること。

<マテリアルリサイクルの現状>
廃家電や廃自動車など多くの部品や材質により一つの製品が作り出されている場合、分解して材質ごとに部品を分類しなければマテリアルリサイクルすることが難しい。そのため、リサイクルしやすい製品作りが求められており、業界の対応も進んでいる。リユースに続き、リサイクルの第一段階としてマテリアルリサイクルを考える必要がある。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載