ポリカーボネート

ぽりがねーと(ぴーしー)(英:Polycarbonate)

ポリカーボネート(PC)とは、環境ホルモンの一つといわれるビスフェノールAと、塩化カルボニルもしくはジフェニルカーボネートを原料に合成したプラスチック。

<ポリカーボネート(PC)と健康被害>
ポリカーボネート(PC)は、給食食器などに使われ、熱湯により、微量のビスフェノールAが溶け出すことが指摘されている。98年5月、厚生省が行った全国3、207の自治体を対象にした調査によると、公立小・中学校の約40%がポリカーボネート(PC)製の食器を給食に使用していることがわかった。PC食器の安全性をめぐっては、食品衛生法がビスフェールAの溶出濃度を2.5ppm(ppmは100万分の1)以下と定めているが、環境ホルモンはごく微量でも生殖や発育に影響があるとの指摘があり、厚生省は人体への影響を調べ始めている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載