ベンツピレン

べんつぴれん(英:Benzpyrene)

ベンツピレンとは、五個のベンゼン環が縮合した芳香族炭化水素。黄色の結晶。
コールタールやタバコの煙、自動車の排気ガスなどに含まれ、発癌(はつがん)性がある。
化学式C20H12 ベンゾピレン。

<ベンツピレンと小腸>
ベンツピレンやダイオキシンなど環境ホルモンと呼ばれる有害物質が小腸にたまり、ダイエットに良いとされる栄養素の吸収を妨げる。小腸の取れにくい有害物質を解毒(デトックス)、排出する食材と効果的な摂取方法は緑黄色野菜、特にニラに多く含まれている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載