ビオトープ

びおとーぷ(英:Biotope)

ビオトープとは、本来の生態系が保たれた空間の意味。
ビオトープ(Biotop)とはもともとギリシャ語で「bio=生き物 + top=住むところ」という意味の造語。
人工的に植物や魚、昆虫が共存する空間として作り出したものを「ビオトープ」と呼ぶことが多い。
 ビオトープの作り方の例としては、
 ・建物の屋上に作られた緑地
 ・街の中に残る河川の古い砂丘
 ・自然回復工事が行われた河川
 ・立ち木が残された畑
 ・高速道路の上に作られた自然公園
  などが挙げられる。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載