ヒートポンプ

ひーとぽんぷ(英:Heat pump)

ヒートポンプとは、熱の移動によって取り出すシステム。

<ヒートポンプの特徴>
ヒートポンプは、動力エネルギーの3倍近くの熱を利用できると言われており、石油などの化石燃料を燃やして熱を得る従来のシステムに比べ、非常に効率が良く、環境への負荷が低いシステム。エアコンなどに多用されているが、最近では蓄熱システムと併用してより低コストで環境に優しいヒートポンプ蓄熱システムが注目されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載