パッシブソーラー

ぱっしぶそーらー(英:Passive solar)

パッシブソーラーとは、建物そのもののエネルギー効率を高め、昼間にたくわえた太陽熱を夜の暖房に利用したり、夜間の涼しい空気で日中の暑さを和らげたりすること。
パッシブソーラーに対し太陽光発電や太陽熱温水器のように、装置を使って太陽エネルギーを取り入れることをアクティブソーラー。
パッシブソーラーは、コストの割にその効果が高いことが知られ、省エネ、地球温暖化対策として注目されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載