バイオトイレ

ばいおといれ(英:Bio toilet)

バイオトイレとは、微生物の働きを利用して、し尿を処理するトイレ。

<バイオトイレのメカニズム>
杉チップなどを住み家として繁殖した微生物が、し尿をえさとして取り込み、水や炭酸ガスなどに分解し、ほとんど消滅させることができる。

<バイオトイレの導入事例>
バイオトイレは、経済的、立地条件的に下水道や浄化槽などを設置するのが難しい山岳地帯や河川公園などで導入されている。特に山岳地帯では、近年の登山人口の増加でし尿の影響が水場にも現れ始めており、バイオトイレの整備が急務となっている。富士山などに設置されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載