デポジット制

でぽじっとせい(英:Deposit system)

デポジット制とは、瓶入り飲料などリサイクル可能な容器などを使う製品価格に、あらかじめ預託金を上乗せして売り、製品使用後に消費者が購入した店などにから容器を持ち込んで預託金の払い戻しを受ける制度のこと。デポジット制による預託金は、リサイクルシステムの運用費用などに使われる。ヨーロッパ、特に北欧では普及しており、スウェーデンではワインなどのガラス瓶の回収、再利用に役立てている。日本でも、制度利用に踏み切る自治体、企業などが出始めてきている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載