ダイオキシン法

だいおきしんほう(英:Dioxin law)

ダイオキシン法とは、ダイオキシン類による環境汚染の防止とその除去のために、環境基準、排出基準などを定め、汚染土壌の対策を講じることを記載した法律。正式名称は、ダイオキシン類対策特別措置法と言う。1999年に成立し、2000年に施行された。
ダイオキシン類は、人の生命および健康に重大な影響を与えるおそれがある有害物質である。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載