ゼロ・エミッション

ぜろ・えみっしょん(英:Zero emission)

ゼロ・エミッションとは、国連大学が1994年に提唱した構想。製造工程で出るゴミを、他の製造工程や産業で原料として再利用することによって、産業から排出される廃棄物のゼロを目指す活動。経済産業省と環境省がゼロ・エミッション政策を推進するため、1997年に「エコタウン事業」を創設。エコタウンには、多くのリサイクル工場を招致し、ゼロ・エミッションを目指した工場間の連携、廃棄物のやり取りなどが行われている。ゼロ・エミッションは、ただ単にリサイクルによる資源の有効利用にとどまらず、環境廃棄物処理に伴って発生する温室効果ガスの削減にもつながり、循環型社会の構築に必要不可欠なものと考えられている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載