UNEP

ゆーえぬいーぴー(英:United nations environment programme)

UNEPとは、国連環境計画の略。本部はケニアのナイロビ。1972年、ストックホルムで開かれた初の世界的環境会議「国連人間環境会議」で設置が決定し、翌年設置された。
国連人間環境会議自体は冷戦下ということもあり92年の地球サミットほどの成果は得られなかったが、これにより組織されたUNEPは、その後の地球環境政策に大きな役割を果たし、オゾン層保護のために制定されたモントリオール議定書などの策定に大きな役割を果たしている。地球温暖化防止に果たした役割も少なくない。地球環境保護基金を世界銀行(IBRD)とともに管理している。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載