カッセル・プロジェクト

かっせる・ぷろじぇくと(英:Cassel project)

カッセル・プロジェクトとは、生分解性プラスチックを実際に1つの町に大々的に普及させ、その使用が循環型社会の形成に貢献するかどうか実証するため、2001年5月から翌年11月までドイツのカッセル市で行われたモデル事業。

<カッセル・プロジェクトの結果>
ロゴマークの付いた生分解性プラスチック製品の購入や使用後の回収、コンポストとしての再利用の状況などが実証された。日本でもこのプロジェクトをモデルとした社会実験を農林水産省が検討している。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載