河川フレッシュ度

かせんふれっしゅど(英:Rivers fresh degree of)

河川フレッシュ度とは、河川本来水量が全河川水量全体に占める割合。
河川フレッシュ度は、2003年度に国土交通省河川局が導入した新しい指標。

<河川フレッシュ度の測定方法>
家庭や工場などで使用した水は、下水処理場などで浄化した後に河川に放流されている。その水量を全河川水量から差し引いたものが河川本来の水量。数値が大きいほど河川本来水量が多い。
2003年度調査では、都市域で数値が低く多摩川調布堰付近で27%。同じ多摩川でも上流の羽村付近は99.4%と最高であった。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載