化学的酸素要求量(COD)

かがくてきさんそようきゅうりょう(しーおーでぃー)(英:Chemical oxygen demand)

化学的酸素要求量(COD)とは、水中の有機物を酸化剤で酸化するのに消費される酸素の量で、水質汚濁の指標の1つとなっている。湖沼・海域で環境基準値が定められている。
化学的酸素要求量(COD)の単位はppmまたはmg/l。この値が大きいほど水中の有機物は多いことになり、汚濁の程度も大きい傾向がある。酸化剤には過マンガン酸カリや重クロム酸カリを使う。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載