LCA

えるしーえー(英:Lifecycle assessment)

LCAとは、ライフサイクル・アセスメント(Lifecycle assessment)の略。製品を作るために必要な原料が採掘される段階から、製造、輸送、使用、廃棄されるすべての段階(サイクル)において、環境への影響の可能性を評価する方法。
世界で最初にLCAはアメリカで、1969年、コカ・コーラがミッドウェスト研究所に依頼して行った事例だといわれる。コカコーラのリターナブル瓶と缶では、どちらの方が環境に対して影響が少ないのかを研究を行った。LCAを行った結果、リターナブル瓶のほうが環境に対しての影響は低いという結果が出た。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載