アライアンス

あらいあんす(英:Alliance)

アライアンス(alliance)とは、訳すと「同盟」という意味で、企業同士の提携を意味する。

「アライアンスを組む」などと使われ、ある企業と提携し共同で事業を行っていくことをいう。例えば、コンピューターのソフトウェア開発会社が販売会社と”アライアンス”を組み、開発会社は開発に専念、販売会社は代理店としてソフトの販売に注力する。

航空会社が提携し、マイレージサービスや乗り換えサービスを円滑に行なう企業連携のアライアンスについては、航空連合を参照。
コンテナ定期船会社による国際提携は、海運アライアンスを参照.


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載