エコマネー

えこまねー(英:Eco money)

エコマネーとは、ある特定の地域内でのみ通用する地域通貨。

<エコマネーの名前の由来>
地域通貨が日本に移入され「エコマネー」という通称で各地で実験されている。
地域限定、非匿名、無利子、信頼、の4原則からなり、既存の経済・社会システムを補完し、地域経済を活性化するツールとして注目されている。

<エコマネーの事例>
エコマネー(コミュニティー・マネー=内部貨幣の一種)は資本主義以前から存在していたが、近年グローバリゼーションの限界などさまざまな要因から発展し、カナダのLETS(Local Exchange Trading System)などが有名。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載