エコタウン

えこたうん(英:Eco town)

エコタウンとは、産業活動によって排出される廃棄物をリサイクルしたり、熱エネルギーとして利用するなどしてゼロエミッションを目指す地域のこと。循環型社会の構築とともに、土地の新たな有効利用形態を示すものとして期待される。

<エコタウンの事例>
北九州市などがエコタウンの承認を受け、取り組みを進めている。経済産業省の支援も受けられる。公明党が「大都市圏エコタウン構想10カ年戦略」を発表した。ゼロエミだけではなく、産官学連携、環境教育、国際協力といったソフト的な理念も盛り込まれた。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載