ウォームビズ

うぉーむびず(英:Warm biz)

ウォームビズとは、過度に暖房機器に頼らず、寒い時は暖かい格好をして働くビジネススタイルのこと。

<ウォームビズの取り組みの背景>
地球温暖化の防止を目的に、環境省が提唱した。具体的な内容は、
1.秋や冬などにオフィスの暖房設定温度を20℃に設定する
2.カーディガンなど暖かい服を着る、といったもの

<ウォームビズとクールビズの効果>
一方、同じ目的で先行しているのが、夏に冷房温度を上げ、涼しい格好をする「クールビズ」。
ウォームビズとクールビズは、同省が提唱する温暖化防止キャンペーン「チーム・マイナス6%」の一環である。
いずれも、消費者を意識したわかりやすいメッセージと、ロゴマークの使用などの広報、ブランド戦略が功を奏し、わずか1年足らずでオフィスを超えて社会現象にまでなった。特に百貨店などの販売業や衣料品、関連用品メーカーの業績の伸びは著しく、今後もさまざまな経済効果が期待されている。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載