エコクッキング

えこくっきんぐ(英:Eco cooking)

エコクッキングとは、環境に配慮して調理全般をすることで、エネルギーの無駄や、ゴミを少なくしたりすること。
旬のものを食べたり、きちんと計画して食品を購入することはエネルギーの無駄を防ぐだけでなく、健康的で倹約にも(旬の素材は安くて栄養価も高く、計画的な購入は、食べきれず腐らせたりすることが少なくなるので)繋がる。

<エコクッキングの取り組み事例>
・必要な量だけを買う
・包装を断ってごみを少なくするような買物を心がける
・栽培される際にエネルギー消費が少ない旬のものを買う
・皮や葉・残り物なども利用して料理を作る
・食器や調理器具を洗う際には汚れをふき取るなどして水を汚さないようにする
・米のとぎ汁は流しに捨てずに植木の肥料として利用する 
・鍋からはみ出さないようにコンロの火加減を調整することで、ガス使用量を抑制する
・冷蔵庫を開ける時間を短くする
(エコクッキングは環境負荷を低減できると同時に、家計にも嬉しい取り組み)


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載