栄養補助食品

えいようほじょしょくひん(英:Nutritional supplementary food)

栄養補助食品とは、毎日の食事だけでは十分に取る事のできない栄養素を補うための食品。
栄養補助食品は、人間が本来、持ちあわせている自治癒力を高め、免疫力を向上させ、病気の予防、病気の回復を手助けすることを目的とする食品。栄養補助食品は、高齢者などが活用するとよい。

<栄養補助食品の分類>
栄養補助食品は、3つに分類
 1. ビタミン (VA.VB1.VB2.VB6.VB12.VC.VD.VE 他)
 2. ミネラル (カルシウム、鉄、亜鉛、他)
 3. 他の食品 (キチンキトサン、プロポリス、アガリクス)

<栄養補助食品の歴史>
栄養補助食品は始め機能性食品と呼ばれていた。
1991年:
特定保健用食品と名称を変え、機能を表示できる食品として法制化が行われた。
これは、科学的根拠があると認めた食品に対して、厚生大臣が特定に保健についての表示を許可する食品の制度。
1999年4月:
厚生省の「いわゆる栄養補助食品についての検討会」がもたれた。
2000年3月:
中間報告が発表された。その中で「いわゆる栄養補助食品」はビタミンとミネラルに限定された。
2001年4月:
数多く存在する健康食品の中から消費者が安全なものを選択する手助けとして、保健機能食品制度が、スタート。


社会起業大学(社会的起業用語集)2019/03/29 転載